毎年繰り返される悲劇!車で京都観光をしてはいけない理由

京都観光で一番やってはいけないNG行動が、車で京都市内の観光地を回ろうとすることです。特に桜や紅葉、ライトアップの時期に車で京都市内を移動しようとすると、最悪何もみることが出来ずに終わる可能性もあります。

この記事では、なぜ京都旅行で車を使うべきでないかを詳しくみていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

京都の渋滞について

一番の問題は、やはり市内各所で発生する渋滞です。

そもそも交通量が多い

京都市内は交通の便が良いとは言えず、車を所有している地元民は結構な頻度で自家用車を利用します。日中は特に滋賀方面からもマイカー通勤の車が雪崩れ込んでくるため、そもそもの交通量が多いです。

加えて日本有数の観光地である京都にはタクシーやバスが大量に走っているため、平時ですら道路の混雑状況は酷いことになっています。桜や紅葉の行楽シーズンは、それらに加えて府外の観光客が車で押し寄せるので道路網は完全にマヒしてしまいます。

圓徳院 秋のライトアップ

圓徳院 photo by Kentaro Ohno

愚策 四条通の一車線化

四条通は京都市内を東西に走るメインストリートの一つで、特に八坂神社へ繋がる東側は京都で一番の繁華街となっています。

八坂神社

八坂神社 photo by Kentaro Ohno

行政はマイカーを使わない観光を推進しており、近年この四条通の歩道を拡張して片側一車線道路にするという失策をしでかしました。

歩道は拡張され歩きやすくなった一方で、狭くなった道路の渋滞は酷いことになっています。

四条通

現在の四条通 photo by kennejima

それだけではなく、歩道からバス待ちの人が溢れないようにという理由で、一車線道路なのに道路側にせり出す奇天烈な構造のバス停を作ってしまい、これが渋滞に拍車をかけています。

双方向ともに交通量があるので追い越しも容易ではなく、また歩行者往来用の信号もたくさんあることから四条通周辺の道路は大変なことになっているのです。

東大路通

東山の八坂の塔

八坂の塔

東大路通は京都中心地の東側にある大通で、そのすぐ東側には清水寺、高台寺、知恩院といった観光名所が並んでいます。名神高速 京都南ICから清水寺方面へ行こうとすると、カーナビで東大路通を北向きに走るよう案内されると思います。

東大路通は片側二車線ありますが、上記の通り高台寺などの観光地に入ろうとする車で右車線が塞がれてしまい、かといって左車線はタクシーやバスの路上停車があるため、この道を進むにはジグザグに車線変更をするという酷い運転を強いられます。

あろうことか、行政はこの東大路通も一車線化することを検討してきましたが、四条通の惨状をみて断念することとなったようです。

京都東ICから京都市中心部への道

名神高速 京都東ICは、主に名古屋、東京方面から車で京都へ来た人の玄関口となる場所です。しかし、ICから京都の中心部へ繋がる道は三条通と五条通の2つしかありません。

この2つの道路は滋賀と京都を行き来する人が日常的に利用する道路なので平時でも混雑しており、行楽シーズンは大渋滞となります。京都南IC方面と違って使いやすい抜け道もほとんどないため、避けようがありません。

清水寺の悲劇

桜や紅葉シーズンに車で京都観光に訪れた人を地獄に陥れるハマりスポットが、有名な清水寺です。

車で清水寺へ向かうには、東山五条の交差点から五条坂を上っていき、途中にある市営駐車場に車を停める必要があります。しかし、繁忙期の京都でこの駐車場に空きがあることはまずないので、結局そのまま進んで清水坂を清水寺とは反対側に降りるはめになります。

早朝の清水坂

早朝の清水坂

スムーズに降りることが出来れば良いのですが、実際には清水坂の下にある上記の東大路通も大混雑になっていて車がほぼ進まないため、完全に渋滞の中でスタックしてしまいます。清水坂は一歩通行ですし、五条坂はせまくUターン不可能なので完全にハマってしまうのです。

しかも渋滞で動けない横を徒歩で訪れた観光客が次々と通り過ぎていき、さらし者のようになってしまうという恐ろしさ。渋滞にハマり車の中で険悪な雰囲気になっている観光客というのは、京都に住んでいるとよく見る光景の一つです。

京都の駐車場について

渋滞に加えて、駐車場についても問題があります。一番マズイのは、駐車場に入れなかった時です。

駐車場に空きがない

上記の通り、観光地に併設された駐車場を繁忙期に確保することは困難です。周辺のコインパーキングもどんどん埋まってしまうので、駐車場が満車→渋滞の中、駐車場を探す→満車…の無限ループに陥る可能性が非常に高いです。

東福寺や実相院のように、紅葉シーズンは駐車場を閉鎖している観光地もいくつかあります。

東福寺の紅葉

東福寺 photo by
Izu navi

また休日に上限料金が廃止されるコインパーキング、周辺相場より明らかに割高な料金をとる駐車場など、観光客をカモにしたトラップのような駐車場も多いので注意が必要です。

駐車場待ちも禁止

観光地の駐車場では、満車時の空き待ちも禁止されていることが多いです。よって運良く入れ違いで入庫できない限りそのまま入り口を素通りして渋滞の中に放り出されることになります。

バスも使っては行けない

そもそも道路が混雑するのですから、出来る限りバスも使わない方が良いです。特に上で紹介した四条通を通る系統はなおさらです。

京都観光のガイドブックには、観光地のアクセスの項目に「市バス何系統で○×バス停下車」といった表現が書かれていますが、基本的に京都駅からバスに乗るのは素人だと思っておいてください。

支払い方法の問題

京都に限らずですが、バスの料金は中途半端な金額を小銭で払わなければならず、財布に1万円札しかない、なんて場合には面倒なことになります。

最近はやっと京都のバスでもICカードが使えるようになりましたが、乗車時のタッチ忘れや残額不足など、トラブルが発生する危険はまだまだ潜んでいます。

当てにならない時刻表

この記事で散々書いてきたように、京都の道路はとにかく混雑しているのでバスの時刻表は全く当てになりません。無事乗車してからもどれだけ時間がかかるか分からないので、旅程に変更を余儀なくされることもありますし、飲食店の予約時刻に遅れてしまうかもしれません。

自分だけでなく他人の支払いトラブルによってバスが中々発車してくれない、ということも度々起こります。

混雑

京都駅や観光地周辺のバス乗り場は大変な混雑になっており、せっかくバスが到着しても乗ることが出来ない、という状況がよくあります。

また混雑したバスの車内をかき分けて目的地で下車するのも非常に煩わしいです。そんなときに支払いトラブルが重なったらもう最悪ですね。

バスを使うべきシチュエーション

主にバスを利用しても良い状況は、以下の三通り。

早朝の清水寺へ

清水寺の舞台

清水寺 photo by David Sanz

意外と知られていませんが、清水寺は朝6時から入場できるため、早起きをすれば交通だけでなく境内の混雑も避けられます。時間が少しでも遅くなってしまうと、観光客に加えて通勤通学の人たちまでがバス停に集中するため大変な目にあいます。

出遅れてしまった場合は、京都駅から向かうよりも、東西線 東山駅から清水寺へ向かって南下するルートをおすすめします。

遠くから市の中心部へ戻る

もう一つバスの賢い使い方は、市の中心部から離れた所から河原町などの繁華街、京都駅へ向かう場合です。具体的には、嵐山エリアの北端である大覚寺や、一乗寺エリアの修学院離宮、貴船神社の周辺ですね。

これらのように京都駅から比較的離れたエリアでは、紅葉シーズンでも意外とバスに座ることができます。その際にも、バスで電車の駅の近くまで来たらさっさと乗り換えてしまう方がスムーズに移動できます。

車でしかアクセスできないエリア

秋の高山寺

高山寺 photo by
Izu navi

嵯峨嵐山から更に北へ行ったところにある高雄や、大原などのエリアはそもそも駅がないため車でしかアクセスできません。桜や紅葉シーズンはバスを使い、それ以外の季節は例外的に自家用車で回ってみるのもありでしょう。

スムーズな京都観光を実現するために

朝早く駐車場を確保して電車に乗り換える

車で京都を訪れる場合は、朝早く到着して駐車場を確保する、というのが基本です。

到着が遅れてしまうと、平時でも駐車場を見つけるのに苦労することもあります。観光地も朝方は空いているため、混雑回避の意味でも朝早く動き始めることは重要です。朝7時には車をおいて動き始めたいところ。

akippaで駐車場を予約しておく

どうしても朝早く到着できない、という場合はakippaという駐車場予約サービスを使って出発前に駐車場を確保しておくのもおすすめです。akippaについては↓の記事で詳しく解説しています。

滋賀に車を停めるという選択

実は滋賀県と京都府の中心地は意外に近く、滋賀の大津、または草津に車を置いて電車で京都へ向かう、という選択肢をとることもできます。

大津、草津にも名神高速のICがあるため、特に帰りは確実に早く京都から脱出できます。京都旅行で滋賀に泊まるメリットについては以下↓の記事で詳しく解説しています。

京都旅行の基本は電車+徒歩、または自転車

嵐電の緑の車両

嵐電 photo by 海爾渥 / Hairworm

車もバスも使えないとなると、頼りになるのは電車かレンタサイクルです。見たい場所をいくつか決めて、その周辺の観光地も徒歩でいっしょに回るのがおすすめ。

自転車であればより広範なエリアを移動できますが、天候に左右されるなどのリスクもあるので注意しておきましょう。

バスに乗る場合は、京都駅や四条などの繁華街ではなく、北大路駅や国際会館駅など、市の中心部から少し離れた場所まで地下鉄で移動してから乗車すると混雑を回避しやすいです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告