京都観光で交通費を節約!お得な乗り放題チケット まとめ

京都では、観光客向けの乗り放題チケットが何種類か発売されています。この記事では、通年で購入できるものに絞ってご紹介します。乗り放題チケットは、地下鉄の窓口やバスの案内所でいつでも購入することができます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

市営地下鉄1dayフリーチケット

京都の市営地下鉄である烏丸線、東西線が1日全線乗り放題になるチケットです。価格は大人 600円/子ども 300円。

京都の地下鉄は赤字経営が続いており、初乗りが210円もします。よって3回利用すれば元をとることができます。京都の地下鉄は観光エリアの起点となる場所や繁華街へのアクセスも良いため、とりあえず買っておいて損はありません。

市営地下鉄のみ1日乗車券を使い、他の電車やバスはICカードで乗る、というのが一番オススメです。

沿線の一部観光施設で割引がある

市営地下鉄1dayフリーチケットを所持していれば、地下鉄沿線の施設に優待価格で入場できます。対象となる施設は以下の通り。

  • 二条城
  • 京都文化博物館 ※
  • 京都市動物園
  • 京都市美術館
  • 無鄰菴(むりんあん)
  • 京都国際マンガミュージアム ※
  • 弥栄会館ギオンコーナー
  • 京都水族館 ※
  • よしもと祇園花月 ※
  • 京都府立植物園
  • 太秦映画村 ※

子ども券の場合は、※マークがついた施設のみ割引あり。割引が適用されるのは、チケット利用当日のみとなります。

市バス・京都バス一日乗車カード

市バスと京都バスが一部区間を除き1日乗り放題になるチケットです。価格は大人 500円/子ども 250円。

対象エリア内では、市バス、京都バスともに運賃は230円均一のため、こちらも3回乗れば元をとることができます。

このカードが利用できないエリアは、高雄、大原、鞍馬、修学院、桂など京都の中心地からは比較的離れているエリアです。それらのエリアを観光しようと計画を立てていく人以外が迷い込んでしまうことはまずないので、使用エリアに関してはあまり心配はいりません。

京都観光一日(二日)乗車券

こちらは、上で紹介した地下鉄乗り放題チケットとバス乗り放題チケットが組合わさったものです。価格は、一日乗車券が大人 1200円/子ども 600円、二日乗車券が大人 2000円/子ども 1000円。二日乗車券は、連続した二日間でないと使えません。

こちらのチケットでは、バスの対象エリアが少し広がっており、高雄、鞍馬以外のエリアはほぼどこでも行くことができます。

京都観光一日乗車券【山科・醍醐拡大版】

このチケットは、上記の一日乗車券に京阪バスの指定区間乗り放題を加えたものです。価格は、大人 1300円で子ども用はありません

このチケットがあれば、山科エリアにある以下の観光地を優待価格で利用できます。

  • 岩屋寺
  • 勧修寺
  • 随心院
  • 毘沙門堂

山科エリアの観光地はほとんど地下鉄東西線の駅から歩いていける距離にあることに加え、一番の目玉である醍醐寺が割引対象に含まれておらず、このチケットの利用価値には疑問符がつきます。

京都地下鉄・嵐電1dayチケット

このチケットは、市営地下鉄と嵐電(京福電車)が1日乗り放題になります。価格は、大人 1000円で子ども用はありません。比叡山へ向かうケーブル線などは対象外です。

嵐電は全区間210円均一のため、地下鉄とあわせて5回乗れば元がとれます。嵯峨嵐山と御室金閣寺エリアを1日で観光し、夕食は四条河原町などの繁華街でとる、といった旅行プランの場合に利用を検討してみるといいでしょう。

京都地下鉄・京阪大津線1dayチケット

こちらは、京都市営地下鉄と京阪大津線が1日乗り放題になるチケットです。価格は、大人1100円で子ども用はありません

京都や滋賀に土地勘のない人にとってはかなりトリッキーなチケットに思われるかもしれませんが、条件が合う人にとってはかなり優秀なチケットになります。

ズバリこのチケットを購入するべき人は、京都の東側(東京、名古屋方面)から車で京都観光に来て、滋賀県大津に宿をとった人です。京都観光なのに滋賀に泊まる、ということに疑問を持つ人は多いかもしれません。滋賀に宿をとることのメリットは以下の記事で詳しく解説しています。

京都で宿の予約がとれない時は、滋賀のホテルを探してみよう!
近年、京都では外国人観光客の増加も相まってホテル予約がとりにくい状況が続いています。特に桜や紅葉といった行楽シーズンに標準的な料金のホテルを...

スルッとKANSAI 2DAYチケット/3DAYチケット

スルッとKANSAIチケットは、関西圏でJR線、JRバス以外の電車、バスが乗り放題になる最強のチケットです。高速道路を走る長距離バスなどは対象外になります。

関西(三重県も含む)版と、それ以外のエリアで買えるバージョンの2種類があるので注意が必要です。

関西以外で買えるバージョン

関西以外で購入できるスルッとKANSAIチケットは、2DAYチケット、3DAYチケットの2種類あります。価格は、2DAYチケットが4000円(子ども2000円)、3DAYチケットが5200円(子どもは2600円)です。それぞれ、2日連続、3日連続での使用が条件となります。

一年中購入可能ですが、春夏版(4月〜9月発売で10月まで利用可)と秋冬版(10月〜3月発売で4月まで利用可)の2種類があります。有効期間が決まっているので、日程が近づいてきてから購入することを勧めます。

スルッとKANSAI(関西以外)を購入する方法

スルッとKANSAIを手に入れるためには、まずJTBや鉄道系の旅行会社の窓口、またはコンビニの端末でクーポンを購入し、このクーポンを関西の主要ターミナル駅でチケットに交換する必要があります。

京急品川駅、ブックファーストの新宿店など、チケットを直接購入できる場所もいくつかあります。詳しくは公式の案内を参照してください。

スルッとKANSAI 関西版

スルッとKANSAI 関西版は、それ以外のエリアで購入できるものとは少し異なります。関西版の特徴は以下の通りです。

  • 発売期間、有効期間が短い
  • 3DAYチケットのみ
  • 隔日での利用が可能

関西エリアの主要なターミナル駅の窓口で購入可能です。具体的な場所、発売期間は公式の案内を参照してください。

スルッとKANSAIは、JR以外の電車、バスが乗り放題の非常に強力なチケットですが、京都観光だけで元をとることは難しいでしょう。大阪、神戸、奈良など、関西エリアを広く観光する人が利用を検討するべきチケットになります。

ちなみに、関西版とそれ以外の区別は購入した場所の問題なので、関西人でも関西以外でチケットを購入すれば関西版以外のバージョンを利用できますし、その逆も同様です。

どのチケットを購入するべきか?

ここまで様々なチケットを紹介してきましたが、どのチケットがお得か?、というのは、どのような京都観光の旅程を組んでいるかによってバラバラなので非常に難しい問題です。

ただ、このブログ「京都のいろは」では、一部の例外を除きバスを使った観光はオススメしていません。というのも、道路の渋滞、混雑時の乗り降りの煩わしさ、料金支払いトラブルなどのリスクがあるからです。

電車+徒歩を基本とした京都観光であれば、意外と交通費は安く収まります。乗り放題チケットを使った場合と比較しても、せいぜい数百円程度高くついただけで済むはずです。

したがって、交通費の支払いはICOCA、SUICA、PASMOなどのICカードをメインとし、場合によっては地下鉄乗り放題チケット、嵐電乗り放題チケットを組み合わせるのがオススメです。京都でのICカードの利用についてはいくつか注意点があるので、以下の記事も参考にしてください。

京都でSuica,PASMOは使える?京都の最新ICカード事情
京都で利用できる交通系ICカード、またそれらを利用する際の注意点について詳しく解説します。
スポンサーリンク
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告