京都でSuica,PASMOは使える?京都の最新ICカード事情

交通ICカードのPasmoとICOCA

京都市では2013年から交通系ICカードの相互利用が始まり、2016年の春頃になってやっとほぼ全ての交通機関でSUICA、Pasmo、ICOCAなどのICカードが使えるようになりました。しかしまだいくつかの注意点があるので、ぜひ京都に出かける前にチェックしておいてください。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

京都 ICカード対応状況の早見表

まず結論からまとめると、京都市の電車、バスのICカード対応状況は以下のとおりです。

京都 ICカードの対応状況
利用チャージ
電車
JR線
京阪線
阪急線
近鉄線
市営地下鉄
嵐電×
叡山電鉄
叡山ケーブル××
バス
市バス
京都バス×
京阪バス×
阪急バス×
JRバス

チャージができない電車、バスがある

京都市では叡山ケーブル・ロープウェイ以外の全ての交通機関でICカードが利用できますが、上記の表で×をつけてある電車の駅やバスではチャージができません。事前にチャージを忘れないようにしましょう。

チャージ可能な駅であれば、SUICAやPasmoなど関西圏以外のICカードでも問題なくチャージは可能です。

叡山電車は一部の駅のみチャージ可能

出町柳駅から鞍馬を結ぶ叡山電車では、出町柳、修学院、貴船口、鞍馬の主要4駅のみでチャージが可能です。また貴船口駅と鞍馬駅では駅員がいない早朝や夜遅くにはチャージできないので注意が必要です。

市バス、JRバスは車内でのチャージが可能

京都市バスとJRバスは、バスの車内でもチャージが可能です。停車中に運転手さんにお願いする必要があります。バス車内でのチャージは1000円札しか使えません

Apple PayやおサイフケータイのSuicaも使える

iPhone 7にFelicaが搭載されたことで、おサイフケータイの「モバイルSuica」と同じような使い方ができるようになります。上述のようにSuicaは京都のICOCA、PiTaPaエリアでも問題なく使えるため、Apple Pay、おサイフケータイを京都の電車、バスで利用することが可能です。

定期としては使えない

Apple Payやおサイフケータイで利用できるのはあくまでも「Suica」なので、JR東日本の管轄ではない関西圏で定期券として使うことはできません。

オートチャージは利用できない

モバイルSuicaではICカードにクレジットカードを紐つけてオートチャージ機能を利用している方もいると思いますが、関西圏で後払いが利用できるのはPiTaPaだけです。モバイルSuicaの残高が足りない場合は現金、またはアプリから入金する必要があります。

JR嵯峨野線(山陰線)では園部駅までしかICカードが使えない

JR山陰線の園部駅以北ではすべてのICカードが使えなくなります。天橋立などの観光地へ電車で行く場合は注意しておきましょう。

ICカードの使い方

京都で電車、バスに乗る際のICカードの使い方を紹介します。ほとんどの電車は改札でタッチすればいいだけですが、一部の電車とバスはタッチの仕方が異なります。

京都 バスの乗り方

京都のバスは、後ろ乗り、前降りです。均一料金が設定されているバスでは乗車時には何もする必要がなく、降りるときだけ運転手さんの横に設置してある運賃箱にICカードをタッチすればOKです。

嵐電(京福電鉄)、叡山電車の乗り方

嵐電と叡山電車は一部のターミナル駅を除き駅に改札はなく、列車もワンマン運行になります。よって、まず駅に設置してある端末にICカードをタッチしてから電車に乗り込みます。降りる際は、バスと同じように車両前方にある運賃箱にタッチします。

ICカードを持っていない人は、ICOCAを購入するのがおすすめ

普段交通系ICカードを利用していない方は、京都に到着したら観光用にICOCAを購入して数千円チャージしておく、というのも一つの選択肢です。ICOCAがあればほぼ全ての交通機関に乗ることが出来ます。特にバスの支払いで小銭を使わなくて良いのは非常に大きなメリットになります。

ICOCAはJR西日本、京阪電車、近鉄電車の駅で購入できます。ほとんどの駅では窓口に行かずとも切符販売機から購入可能です。値段は2000円(チャージ1500円+デポジット500円)になります。

ICOCAはコンビニなどでも使える

ICOCAにチャージしたお金は全国のコンビニなどでも利用できるのでそのまま持って帰っても使えます。また京都駅の一部の売店などでも使えるので、余ってしまった残額をおみやげの購入費などにまわせば無駄になりません。

ICOCAは払い戻しができる

ICOCAはJR西日本、京阪、近鉄電車の駅の窓口で払い戻しを申請すれば、デポジット500円を含めてチャージしてある金額全てを返金してもらえます。ただし手数料が220円がかかります。

ICOCAの残額が220円未満の場合はデポジット500円だけが返金されるので、ICOCAの残額を全て使い切ってから払い戻した方がお得になります。コンビニなどでは現金との併用払いが可能なので、上記のようにおみやげや飲み物などの購入費にも利用して上手く残高を調整するといいでしょう。

こどもICOCAは窓口で申請が必要

こども用のICOCAを購入するには、申込用紙を書いて窓口に提出する必要があります。また保険証など子どもの身分証明書の提示も必要になります。

お得なチケットを使うという選択肢もある

京都には、地下鉄1日乗車券、市バスと京都バス1日乗車券、といった乗り放題チケットがあり、交通機関の利用頻度によってはこれらを買ったほうが得になることもあります。ICOCAを使った場合と比べて安くなるか、というのは観光ルートによって異なります。

お得チケットについては以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

読んで頂いたとおり、京都では2016年になってやっとICカードを活用できる環境が整ってきました。首都圏では2007年にPASMOによる自由な往来が実現していたことを考えると、遅すぎる感は否めません。

余談 京都でICカード導入が遅れている理由

京都、というより関西のICカード利用が首都圏に比べてはるかに遅れている理由として、金券ショップの存在が挙げられます。関西圏では駅前に金券ショップがあることが多く、格安切符が簡単に購入可能です。例えば、JR線で京都→大阪を移動する場合、正規の値段では560円かかりますが、金券ショップで昼特切符を購入すれば400円で移動することが出来ます。

こうした事情もあり、未だにICカードを利用していない関西人が意外と多くいるのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告